【国内】月額500円以下のレンタルサーバー

国内レンタルサーバー

手軽に始めたい方に月額500円以下で契約できるレンタルサーバーのご紹介です。

格安レンタルサーバーの一覧

月額500円以下で始められるレンタルサーバーをまとめました。

経費を極力抑えたい方にオススメです。

その前に低額料金で始める際のメリットとデメリットについて

月額500円以下プランのメリット

  • 手軽に始められる
  • 経費を抑えられる
  • サブサイトに使える
  • ワードプレス等のCMSが使える(※1)
  • 初心者〜中級者に向いている

(※1) : レンタルサーバー会社のプランによって使えない場合があります。

月額500円以下プランのデメリット

  • スペックが低い(※2)
  • 独自ドメイン、サブドメインが少ない
  • データベースが少ない
  • ワードプレス等のCMSが使えない

(※2) : 容量、転送量、CPU、メモリが少ない

月額500円以下のレンタルサーバーの一覧

各社の最安値プランの月額料金をまとめました(2022年4月29日現在)。

WordPress利用者満足度No.1
会社名プラン名容量WordPress月額料金
ロリポップ!エコノミー100GBNG¥132
ミックスホストスタンダード300GBOK¥1,650
JETBOYミニSSD100GBOK¥500
99YENエコノミー15GBOK¥99
StarServerエコノミー20GBNG¥138
Just-Sizeエコノミー24GBOK¥314
minimGoGo!1GBOK¥201
TOK2独自ドメイン無制限OK¥206
さくらインターネットライト100GBNG¥131
99円サーバエコノミー15GBNG¥99
ムゲンサーバ無限SSD無制限OK¥480
FC2 Liteライト5GBOK¥300
忍者ホームページ有料5GBNG¥120

各社ともに月額料金が500円以下を超える数百円のプランが多数ありました。

しかし、安いということはそれなりのデメリットがあり、容量が少なく複数サイトを構築するには容量・ドメイン数が足りない場合があります。

これはレンタルサーバーを契約する際の最低料金であり、バックアップ・SSL化・Whois代行等はオプションで選択する必要があるかもしれません

また、最近のブログやサイトの約7割はデザインの素晴らしいWordPressが人気です。

そして、これらの最安値プランをよく見てみると、WordPressが使えないプランがあることがわかります。

いくら格安とは言え、自前のレンタルサーバーを契約する1つの目的であるWordPressが使えないというのはかなり致命的と言えます。

上記の最安値プランはかなり魅力的ですが、もし契約しようと考えている方は各社の1つ上のプランをオススメします。

>>月額110円~/容量最大1TB/ロリポップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました